肺膜の炎症で起こる症状|治療すれば改善できる自律神経失調症|病院へ行ってまずは相談を
女性

治療すれば改善できる自律神経失調症|病院へ行ってまずは相談を

肺膜の炎症で起こる症状

医者

がんを発症した時、肺膜という肺を覆っている膜にがん細胞が転移し、炎症を引き起こす場合があります。炎症が起きた状態のことを癌性胸膜炎といいますが、癌性胸膜炎が起こると胸水や痛みなどの症状が出ます。胸水が溜まってくることで出る症状の一つは、肺が押しつぶされる事で起こる呼吸困難です。その他にも呼吸に伴う胸の痛みや咳、胸水によって引き起こる栄養失調などが引き起こされます。癌性胸膜炎の原因となるがんで多いのは、乳がんや胃がん、悪性胸膜中皮腫などがありますが、肺がんが最も癌性胸膜炎を引き起こしやすいです。肺膜に転移したがん細胞は、種を蒔くように播種し広がるため、手術で取り除くことが困難だといわれています。

癌性胸膜炎の症状が出た時には、原因となったがんが進行している場合がほとんどです。治療は胸腔ドレナージを用いて胸水を抜き、再び水が溜まることを防止するため、抗がん剤を投与するといった方法で行われます。癌性胸膜炎は肺がんなどのがんの転移によって引き起こされるので、原疾患となったがんの治療を行うことで、症状が軽減される可能性があります。肺膜に転移したがんを完全に治療することは、難しいといわれています。咳による強い胸の痛みなどを感じたら、早めに内科を受診するようにし、早期の治療を開始することが大切です。どのような治療を選択し、症状を緩和していくかを考えることで、今後も生活の質を保って行くことが出来るかも知れません。